国境を越えて生まれる師弟愛 お互いが信頼しあえば、上司と部下を超えた1つのチームになる

日本の大学を卒業後、伊東商会に入社した中国出身の秦さん。
そんな彼女のOJTを担当しているのが、海外の勤務経験がある第1営業部グループリーダーの島津さん。
「自国を離れ、海外で働く」という共通した経験を持っている二人に、
上司と部下の関係性について聞きました。

のびのびと任せてくれるから、仕事の中で自分を表現できる

入社したばかりのころ、ずっと緊張していた私に島津さんがかけてくれた「自分らしさを忘れず、型にハマった考え方はするな!」という言葉、今でも覚えています。

新卒で働き始めるのは日本人でも大変なのに、中国出身の秦はなおさら大変だったと思う。それに秦は内気なところがあるから、最初の頃は自分の考えがあっても、それを我慢して出していなかったよね? 縮こまらずに「もっと自分を表現していい!」と、そんな気持ちで言ったんだよ。

島津さんはのびのびと仕事を任せてくれるので、すごく働きやすいです。なにか思い切った提案をすると「なぜそうしようと思ったの?」と理由は聞かれますけど、自分なりの考えできちんと説明できれば「よし、それでやってみろ!」って背中を押してくれます。

それは、その方が秦は絶対に伸びると思ったから。グイグイ前に出るタイプではないからこそ、自分の頭で考えながら仕事に取り組んだ方がいいと思った。最近は自分の中で譲れない部分はキッパリ言うようになったよな。もともと芯の強い部分は持っているし、そういう姿勢はすごく良いと思う。

ありがとうございます。島津さんって自分の意見はしっかり主張するし、誰と話しても緊張しないように見えますから、私もそういう風になりたいと思っているんです。

もちろん、緊張することはあるよ。でも仕事は人と人との付き合いが一番重要だと思っているから、なるべくそこに壁をつくらないように、というのはいつも考えているかな。

入社1年目の中国出張。大きなチャンスで手にしたこと

島津さんを初めてみたときは、「大きい人だな」と思いました(笑)。一緒に仕事をしてみると、その見た目通りとても頼りがいのある人です。「責任をとるのが俺の仕事だから、お前は失敗を怖がらなくていい」と力強く言ってくれたこと、嬉しかったです。

部下が失敗したときに代わりに怒られるのも上司の仕事。失敗しても、そこから反省が生まれるだろうし、一度壁にぶつかってみないと分からないこともあるからね。でも、人との細やかな接し方やコミュニケーション面については厳しく言うだろう?

はい。私が去年、中国出張にいったとき、ものすごく怒られたことを覚えています。あのときはお客様に不備のある内容で連絡してしまって......。

連絡を急いでいたせいもあるけど、情報を自分の言葉で咀嚼して、お客様に伝えてあげるのが私たちの仕事なので。細かい部分だからこそ、手を抜いてはいけないんだよ。

そのときはすごく落ち込んだし、何よりも悔しかったです。それからはお客様にお送りするものは添付資料も含め、必ず自分の目で確認するようになりました。

この中国出張に向けて段取りや事前準備をものすごく頑張っていたよね。秦は将来海外で仕事をしたいと言っていて、一年目でその第一歩を踏んでそこでミスをしたから気が付いたこともあって、この経験には大きな意味があったと思う。これから成長していくための忘れられないよいきっかけになったんじゃないかな。

そのときは仕事を任せてもらえたことがとにかく嬉しかったし、出張が終わったあと、とても充実感がありました。「どんな製品をご案内するべきか? どんな説明をするべきか? と自分ができることを全力で考えたことや、怒られたことも含め、入社してから一番記憶に残っている思い出です。

海外で働く苦労が分かるからこそ、最大の理解者でありたい

今日は島津さんに改めて伝えておきたいことを考えたんですけど、何も思い浮かばないんです。言いたいことは普段から全部言っているから。島津さんは先生のようであり、友達のようであり、お兄さんのようでもある。上司と部下って感じがあまりしないです。

仕事が終わっても食事しながら仕事以外にも家族や趣味の話をするよね。私自身にも足りない部分はあるから、上司と部下というより二人で1つのチームって感じなのかもしれないな。自分が海外で働いていたときに、言葉やコミュニケーションで苦労したから、秦の大変さはよく分かる。だからこそ最大の理解者でいたいと思うし、ときには厳しいことも言う。

でも、厳しさが優しさなんだと思っています。後輩ができたら、今度は私が島津さんみたいな存在になりたいです。特に私のような海外出身の人が入社してきたときに、相談相手になれる先輩をめざします。

そうなれるといいね。伊東商会はこれから、グローバル展開に力を入れていく時期。そのためには秦みたいに海外出身の人や、海外で活躍したい意欲を持った人が活躍できる環境を整えておかないといけない。私たちも力を尽くすから、秦やこれから入社してくる人たちが力を合わせて、どんどん新しいことにチャレンジしていってほしいな。

はい。頑張ります!

プロフィール

島津
所属:第1営業部
役職:課長(グループリーダー)
入社年:2015年 | 中途入社
所属:第1営業部
入社年:2015年 | 新卒入社

CROSS TALK

  • タイと中国 新天地での挑戦
  • 国境を越えて生まれる師弟愛
  • 変化を楽しむ働き方
  • 日本・中国・タイ 三カ国からみた伊東商会

INTERVIEW

  • 芥川
  • 太宰
  • 与謝野

※個人情報保護の観点から、当リクルートサイトのインタビュー・対談の人名はすべて仮称です。