ITOで働くこと

「パジティブで行こう!」
Passion + Positive = ∞(無限大)

このスローガンについて
皆さんはどのように
受け止めていただいていますか?

 『パジティブ』この言葉は弊社がつくった造語なのですが、私はこの言葉を社内や採用現場だけでなく、世の中に流行らせたいと日々妄想しています。何年か後には注釈がいらなくなって、パジティブと言えばそうそう、あんな感じだよね、と皆がわかる・・・そんな世界です。
『パジティブ』が弊社にはものすごく必要な要素であり、もう少し広げて考えると働く人みんなに必要な要素なのだと考えています。

▲伊東商会 人事グループリーダー

 このメッセージをご覧になっている皆さんの多くはおそらく、転職を考えているか、就活でどこの会社に行こうか、と世の中の企業を色々調べている方だと思います。きっと「働くこと」「お金を稼ぐこと」「仕事とは」そんな問いに対して、自分はどうありたいか、自分はどうしたいか、自分の強みを活かせるのはどんな環境か、と自問自答しているのではないでしょうか?

 仮に第一志望の会社に入社できたとしても、希望の職業に就けたとしても、必ずそこには大小様々な試練が待っています。今までやった事のないこと、他に誰もチャレンジしてないこと、これまでと違う発想ややり方・・・などなど。チャレンジがあるからこそ、そこに試練がある。その試練を乗り越えた時に、後からじわじわ実感する様々な感情(達成感や充実感、そんな言葉で置き換えられる場合が多いでしょうか?)が今の自分を、さらに前向きにしてくれて、情熱をもって仕事をすることの大切さに気づくことができる。そこには無限の成長の可能性が広がっています。

 今のITOは、まさに「やったことのない事」にチャレンジし続けている変革の真っ只中にいます。うまくいかないこと、思うように進められないこと・・・結構あります(笑)。だからこそ、今まさに『パジティブ』のマインドをもって社員1人1人が前向きに、熱さをもって仕事に取り組むことが何よりも大事だと、本気でそう思っています。

「想いは人を動かす」

 どこかで聞いた覚えのあるコピーですが、私は本当にそうだと思うのです。パジティブな想いは周りに伝染し、相手を動かしていく。チャレンジしている会社だからこそ、この『パジティブ』で今ここを乗り越えていく。60年を超える歴史と実績を大切にしながらも、それに甘んじず新しいことへどんどんチャレンジしているITO。私はこの会社が好きです。

 さぁ、世の中の働くみなさん、今日も「パジティブで行こう!」