継続的改善には製造実行システム(MES)が効果的!

なぜ継続的改善文化が必要?

今日、我々製造業を取り巻く環境は急速に変化続けています。改善活動を行って最適な状態てもさらに良い技術が誕生し成長するので新たな解決策またすぐに現れますしたがって工場が優れた業務能力を発揮し続ける情報収集と改善活動をし続ける継続的改善文化構築維持必要です。

継続的改善文化の構築・維持方法

継続的改善文化構築するには、目標と指標を明確にすること、目標達成に必要な権限委託適切に行ことが重要で

そして、継続的改善文化を維持するためには、常に目標を意識できる状態目標と現状比較可能適切なタイミングに行動ができる状態を作る必要があります

作業者から経営者まであらゆる立場の人が目標を持ちます。それぞれの管理監督者は、目標と現状比較し、手早く適切な指示アドバイスする必要があります。

目標と指標(KGI/KPI)

製造業業績向上販売量増加または製造コスト削減のどちらか、あるいは両方です。 したがって、目標や指標(KGI/KPI)の設定は以下のような視点で考えることができます。


1.収益増加のために向上させるべき顧客満足度

・品質改善

・多種多様な顧客ニーズに対する対応   例/多品種少量生産

・納期短縮在庫削減

・持続可能性SDGsへの配慮 

2.コスト削減のために削減すべきロス

・品質    例/検査手直しスクラップなど不良を作るムダ

・待ち時間  例/マシンサイクル待ち設備の復旧待ち部品の遅れ待ち

・作業時間  例/無くせる作業、報告書作成、生産実績入力

・エネルギー 例/不必要な場所量のエネルギー消費

製造実行システム(MES)導入で継続的改善が効果的に!

継続的改善文化の構築・維持のために必要な目標や指標と現状の差の可視化はMESを導入することで可能になります。

例えば、これまで作業者や作業長報告書作成のために費やしていた時間MESを利用しオンライン、リアルタイムの情報を把握すること大幅に削減出来ます。また、ロスの量、発生時間、発生状況、関連する可能性のあるパラメータなどのデータを収集、分析することで、効果的に問題の原因究明が可能になります このようにMESを導入することで、素早く効果的な継続的改善活動可能になります。

参考資料

伊東商会はProManage社( 本社: トルコ、イスタンブール)と製造実行システム(MES)ProManageの販売代理店契約を締結しています。

この記事はProManage社が公開しているブログ"Smart Manufacturing"を参考に作成しています