取締役 岩城 吉昭

海外のスピード、進化への追従

伊東商会の中国現地法人である伊昇機電貿易(上海)有限公司の責任者として、中国ビジネスに従事してきました。私はこれまで、東南アジア、中国合わせて二十数年の海外勤務経験があり、いずれも外国資本の投資が最も活発であった時期での駐在でした。それゆえ、各地における進化のスピードを肌で感じ、その速さに圧倒され続けてきました。

伊東商会が海外へ進出してから十数年が経ち、中国・タイを拠点にそれぞれの地域のお客様へご満足いただける商材やサービスの供給ができる体制が確立されています。しかしながら、"お客様が求める製品やサービスを販売する"というだけのビジネスでは、その地域や市場、お客様の進化のスピードにはまだまだ追従しきれていないと感じています。

海外からイノベーションを

取締役 岩城 吉昭

2017年6月に中国広東省深圳市に伊昇機電貿易(上海)有限公司深圳分公司を設立致しました。

スタートアップ企業が多く集まる深圳市は、中国のシリコンバレーとも呼ばれ、電子部品を中心としたモノづくりノウハウや部品供給力が集結しており、製品化のスピードが最大の強みとなっています。

多くの世界的ベンチャー企業を生み出しているこの地への進出は伊東商会の飛躍に大きな一歩となると考え、市場の拡大だけでなく、先端技術の巨大な実験場とも呼べるこの地を最大限に活かし、伊東商会の新しいビジネスを生み出すイノベーションを起こしたい!という大きな期待を持っています。

グローバル視点を醸成する企業文化

当社は、多様性がもたらす価値を理解し、互いを尊重する企業文化の醸成を目指しています。日本国籍以外の社員も多く在籍し、若手社員の海外研修や、海外拠点との交流・協業は活発に行っています。

また英語に限らず、外国語を勉強したい社員に対しては、会社として支援する制度があるなど、グローバル視点を企業文化として醸成するような機会や制度が充実しています。

グローバルネットワークでお客様の問題解決役へ

取締役 岩城 吉昭

国内、海外を問わずお客様のニーズは目まぐるしく変化し、より新しい価値、よりよい体験を求められています。そして、それらはその国・地域で完結せず、グローバルな対応に迫られる事が当たり前となっています。"海外の事はわからない"、"日本とは別"と言っていてはお客様の期待に応えること、ましてや、お客様の期待を超えることはできません。

当社は、日本とアジアのグローバルネットワークを活かし、最適なコストや要求品質に応える商材、課題へのソリューション提案、また、海外に拠点のないお客様に代わって、海外での取引や商流を確立させるお手伝いなど、グローバル視点でお客様の問題解決役となる事を目指しています。そして、このグローバルネットワークは今後さらに拡大していきます。

グローバルな視点とスピード感を持って、新しい価値を創造し、お客様へよりよいCX(お客様体験)を提供できる体制を構築していきます。